飛鳥未来高校がやばい理由9選!友達を作る【超簡単】な方法とは?

  • URLをコピーしました!

飛鳥未来高校とは、奈良県天埋市に本校がある通信制の私立高等学校です。

そんな飛鳥未来高校をインターネットで検索したところ、飛鳥未来高校がやばいという検索ワードが出てきます。

一体なぜ飛鳥未来高校がやばいと言われているのでしょうか。そして実態はどうなのでしょうか。

目次

飛鳥未来高校はやばい?いじめで事件があった?

飛鳥未来高校はやばいと言われている理由は一体なんなのでしょうか?

その背景の一つにはいじめ事件の告発があったとも言われています。一体それはどういったものなのでしょうか。

その前にまずは飛鳥高校の概要から説明していきます。

飛鳥未来高校の概要

冒頭でも述べたように飛鳥未来高校は、奈良県天理市に本校がある、通信制の私立高等学校です。

運営は学校法人三幸学園によるもので、奈良本校を含め、全国に12キャンパスあるため、通いやすい会場で学ぶことのできる学校です。

全国の校舎は、奈良 札幌 仙台 宇都宮 池袋 綾瀬 千葉 横浜 名古屋 大阪 広島 福岡。

学習スタイルとしては通信制なので基本的には自学自習で単位を取得し卒業します。

また、卒業後の上級学校には、様々な分野の専門学校があり、高等学校の選択授業で上級学校の勉強も可能でそれを単位とすることもできるという教育システムがあるようです。

【最新】飛鳥未来高校の偏差値は?

飛鳥未来高校には偏差値はありません

というのも、通信制の学校であるということと、
飛鳥未来高校の入試は学力試験がなく、「書類選考(作文)」「面接試験」の結果で審査されているからです。

学力試験がない分、入学への難易度はそこまで高くないと言えるでしょう。

また学校側は特に面接試験に力を入れており「受験生のやる気」を考慮して合否を決めているという話もあります。

飛鳥未来高校で友達はできる?ヤンキーはいる?

飛鳥未来高校には校則がほぼないので、染髪やメイクもピアスも自由であるようです。

またかわいい制服はあるようですが、着用の義務は無く、私服登校をしている生徒もいるだとか。

全日制の高校であれば、上記のような行為を校則で禁止している高校も多いですから、周囲から見ると飛鳥未来高校は見た目はヤンキーが多いと感じている可能性はあります。

告発?飛鳥未来高校福岡校でいじめ事件?

インターネット上には飛鳥未来高校福岡キャンパスにていじめを受けたという告発ブログがあります。

また、福岡キャンパスはいじめが酷く、先輩、同級生からのいじめ、また先生までもスルーしているといった口コミも。

実際にどのようなものなのかというのは分かりませんが、飛鳥未来高校の福岡キャンパスでは、そういった実態があるのかもしれません。

ただ、他のキャンパスではいじめは全くないといった口コミもありますので、キャンパスによって違うというのも事実なのでしょう。

飛鳥未来きずな高校の違いとは?

飛鳥未来高校と飛鳥未来きずな高校は同じく学校法人三幸学園が運営している姉妹校です。

飛鳥未来きずな高校は2017年に開校しており、飛鳥高校より新しい高校で、全国16校キャンパスがあります。

そんな姉妹校である2つの学校ですが、学費やカリキュラムなど、飛鳥未来高校と飛鳥未来きずな高校に違いは全くないようです。

厳密に違いがあるとすれば、飛鳥未来きずな高校は出来たばかりで、生徒数も少なく飛鳥未来高校に比べると規模が小さいということだけのようです。

飛鳥未来高校はやばい?ヤバい理由7選!

ここまでは飛鳥未来高校の概要について簡単にまとめていきました!

さてここからは、飛鳥未来高校がやばい?と噂されている考えられる理由について述べていきたいと思います。

理由①通信制

何度も述べておりますが、飛鳥未来高校は通信制の高校です。

通常、書類選考があり、学力試験を経て面接試験、合否発表といった流れで行われる全日制の高校とは違い、飛鳥未来高校には学力試験はありません。

中には書類を送り、よっぽど素行が悪くなければ、入学が出来るといった話もあります。

誰でも入れるイメージをデメリットに感じ飛鳥未来高校はやばい?といった印象になる場合もあるのかもしれませんね。

理由②全日制ではない=学力が低い人が多い

毎日学校へ行き、いやでも学ぶ環境のある全日制の学校。

それに比べて、通信制である飛鳥未来高校は自学自習が基本です

もちろん通学しながら友人と一緒に学んでいるコースもあるようですが、中にはあまり通わなくても良いコースもあるのだとか。

また、飛鳥未来高校には偏差値がありませんから、そういった印象から学力が低い人が多いと感じ、飛鳥未来高校をやばいと考える人もいるのかもしれません。

ただ生徒の中には大学受験へ集中するためのコースを選択していたり、将来に向けた専門的なコースを学んでいたりと卒業生の実質的な偏差値が高い学校も中にはあるのようです。

理由③学費が高い

どのコースで学ぶかにもよりますが、やはり、私立の通信制高校ということもあり、学費は高いと言えます。

ですが、同じく通信制の高校の学費と比較すると、そこまで変わらなかったり、比較対象の通信制高校によっては、飛鳥未来高校の方が安いという声もあります。

学費を抑えるのであれば、やはり公立の通信制高校が一番でしょうね。

気になる方は色々な高校の学費を調べてみて、比較してみると良いかもしれませんね。

理由④青春ができない

青春ができるかどうか、それはコースによってまちまちのようですね。

やはり、あまり学校へ通わないコースだと、青春していると感じない場合もあるかと思います。

その点で言うと、青春できない飛鳥未来高校はやばいのではと感じる人もいるかもしれません。

ただ、中には毎日充実しながら学校に通っているという方もいるようで、そこは全日制の高校とはあまり変わらないかもしれないですね。

環境どうこうではなく、自分が楽しいか、そういったことが高校生の青春につながるのではないでしょうか。

とにかく、飛鳥未来高校に行くと絶対に青春できないといったことではないということは分かりました。

理由⑤人数が少ない

どのコースを選択するか、どこのキャンパスに行くかによっても人数の差はあるようですが、
決まった人数のクラスが何クラスある、といった縛りがない通信制なこともあり、通っている生徒数の人数は少ないでしょう。

人数が少ないから人気がない=飛鳥未来高校はやばいと繋がっていく可能性もありますね。

しかし、「人数が少ない」のは様々なコースがあり、自分のペースで自分の学びたいことをしっかり学ぶことが出来る教育方針である飛鳥未来高校だからなのかもしれませんね。

理由⑥友達が作りにくい

通信制の高校は友達が作りにくいのではないか、通信制の高校への進学を希望している方はそんな不安を抱いたことがあるのではないでしょうか。

これもどのコースを選ぶかによって変わってくると思います。

やはり週に1回程度通学するコースなどであれば、話す機会、会う機会も減るので友達は作りにくいかもしれません。

ですが、飛鳥未来高校には様々なコースがあります。週5回通学するコースであれば、ほぼ毎日友達と顔を合わせることになるので、自ずと仲良くなる可能性も高くなりますよね。

飛鳥未来高校には様々なコースがあり、自由にスタイルを考えられます。

自分に合ったコースで自分の描く高校生活を目指すことも十分に可能ではないでしょうか。

理由⑦ヤンキー・ギャルがいる

派手な格好な髪色で高校生らしくない格好をしている生徒も一定数はいるようです。

やはり校則が緩く見た目を自由に出来ることからそういったイメージがついてしまっていると言うことは十分にあるのでしょう。

また先ほどのTwitterにもあったように人気モデルの藤田ニコルさんも飛鳥未来高校の卒業生です。

彼女も以前はギャルのイメージが強かったので、影響力のある芸能人の印象で、ヤンキーやギャルが多いと思っている方も中にはいるかもしれませんね。

もちろん全員がそういった格好をしているわけではないでしょうし、見た目が派手なだけできちんと勉学に励んでいる学生もいることでしょう。

派手な見た目の印象だけで、飛鳥未来高校はやばい高校であると決めつけるのはナンセンスかもしれませんね。

飛鳥未来高校に通うメリットとは?

そんな飛鳥未来高校に通うメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回はメリットを6つ紹介していきます!

メリット①毎日登校する必要ない!

毎日登校する必要がないということは通信制高校の特徴であり、メリットでしょう。

もちろん選択するコースによっては月〜金まで毎日登校するという生徒もいますが、そこも自由に決めれることはいいですよね。

いろんな環境で生活している学生もたくさんいます。誰もが必ず毎日朝から夕方まで高校に通えるわけではないでしょう。

そういった学生にとって、何かと両立しながら学べると言うことはかなりのメリットですね。

メリット②校則はなし

「ブラック校則」という言葉が一時流行し、厳しすぎる校則に悩んでいる生徒のインタビュー映像をテレビで見かけましたが、校則がほとんどないということへ憧れる方も多いのではないでしょうか。

自由な髪型、服装で登校し、自分の個性を体現できる高校は羨ましいですよね。

校則が緩く、自由度が高いことは飛鳥未来高校の大きなメリットと言えるでしょうね。

メリット③キャンパスによって雰囲気が違う

飛鳥未来高校には様々なキャンパスがあります。

そしてそれぞれのキャンバスによって雰囲気が違うようです。

一つの校舎で学ぶことが多い高校生活ですが、様々な雰囲気の場所にキャンパスがあるということもメリットの一つですね。

もちろん住んでいる場所も関係はありますが、一つのキャンパスの雰囲気がその高校の全てではなく、色々なキャンパスがあるということも良い点でしょう。

メリット④高卒認定をもらえる

高卒認定がもらえることも大きなメリットですね!

昨今学歴が重視されている社会ですので、履歴書の最終学歴に高卒と記載できることは今後の就職活動においても重要事項でしょう。

また、通信制高校を卒業することで高卒認定がもらえるので、大学や専門学校でもっと学びたいと思った時に問題なく受験出来ますね。

メリット⑤偏差値の低い高校に進学するよりは学力がつく?

学ぶ環境によっては、偏差値の低い高校に行くよりも通信制の高校に通う方が学力がつく場合もあります

自由に自分で学ぶ環境を決められる飛鳥未来高校ですから、同じコースの生徒はある程度学ぶ意欲のレベルが近い者同士が集まることでしょう。

全日制の高校は色々なタイプの学生が集まりますから、偏差値の低い高校であれば、学ぶ意欲に差が生じる可能性もあります。

その点で言うと気持ちのモチベーションが近いものどうして学べる環境の方が学力がつくことは十分にあり得ますよね。

メリット⑥制服が可愛い

制服着用の義務がない飛鳥未来高校ですが、そんな制服もかわいいデザインです。

中には自分らしくアレンジをして、個性的にかわいく着用している生徒もいるとか。

自分の高校の制服がかわいいと言われることは嬉しいですよね。

また、制服着用時にも校則をしっかり守らなければいけない高校が多い中、制服をかわいく着こなし、登校できることへも憧れます。

特に女子高生にとってはこの点も大きなメリットになることでしょう。

超簡単!飛鳥未来高校で友達を作る方法7選!

ではここまで飛鳥未来高校がやばいと言われている考えられる理由や飛鳥未来高校ならではのメリットをご紹介してきました。

ここからはそんな飛鳥未来高校で友達を作るにはどうしたらいいか、超簡単な方法を7つご案内します!

1:SNSを交換

友達を作る第一歩としてSNSを交換する!という方も多いのではないでしょうか。

SNS時代である現在、SNSを利用していない人はほとんどいないでしょう。

友達を作るツールとして、SNSを交換するとより円滑なコミュニケーションが取れますよね。

入学前にTwitterなどのSNSで同じ学校の生徒を探し入学前から仲良くなっている生徒もいるようです。

元々知っている友人が同じ高校にいない状況であれば、入学前から知っている人がいると言うことはとても心強いことですよね。

2:行事に参加する

飛鳥未来高校ではたくさんの行事が行われているようです!

そんな行事に積極的に参加することも友人が出来たり絆が深まるポイントになるのではないでしょうか。

やはり何かの目標に対して力を合わせてやり遂げるということは達成感も感じますし協調性も生まれます。

行事が多いことも飛鳥未来高校の特徴であり、いいところの一つでしょう。

3:コミュニケーションをとる

そしてやっぱり大切なことはコミュニケーションを取ることでしょう。

SNSを交換するだけ、行事に参加するだけでは相手を知るきっかけの一つでしかないのです。

人と人の関係ですから、自ら話しかけ興味を持つことが、信頼の上に成り立つ友人関係を築き上げていくことに繋がっていくのではないでしょうか。

それは飛鳥未来高校に限らず様々なシーンで必要になってくることだと思います。

社会に出てからも必要な力ですので、コミュニケーションを取ることは重要なことですね。

4:他キャンパスの人とつながってみる

他のキャンパスと繋がってみることも良いでしょう!

飛鳥未来高校は色々な雰囲気の様々なキャンパスがありますから、同じ高校と言うことで他県に友人が出来ることもあるでしょう。

母校が同じであると言う共通点は大人になってからも強い繋がりになるのではないでしょうか。

飛鳥未来高校だからこそ出来ることをしっかりやってみてもいいかもしれないですね!

5:転入生に声をかける

通信制の高校ということで転入してくる生徒も多い飛鳥未来高校なので、そんな転入生に積極的に声をかけてみることも輪が広がるきっかけになることでしょう。

きっと転入生も新しい環境で慣れないこともあり、不安も抱えながら学校に通うことが多いと思います。

そんな中で在校生に声をかけてもらえることは転入生も嬉しいでしょうし、素敵な友人関係を築けるかもしれません。

6:部活動に参加する

キャンパスによって存在する部活動は変わりますが、飛鳥未来高校にはいろんな部活動があります

経験したことがある部活動があれば、そこに入ってもいいですし、もし未経験の部活動しかなくても、初心者も歓迎している部活動もあるようです。

一緒に運動したり活動することや同じ趣味を共有できることで親近感も湧き、仲の良い友人が出来ることも大いにあるでしょう。

まずは見学に行ってみるだけでも交流の場は広がるのではないでしょうか。

7:5dayスタイルを選ぶ

飛鳥未来高校には色々なコースがあると述べてきましたが、その中でも5dayスタイルというコースがあります。

こちらは簡単にいうと毎日学校に通うコースです。

そんな5dayスタイルを選択するのも友人作りには良いでしょう。

毎日クラスメイトと顔を合わせ一緒にご飯をたべ、時間を共有することでより仲良くなりやすいのではないでしょうか。

もちろん選びたくてもこのコースを選択できない場合もありますが、やはり同じ時間を多く過ごすということは友人関係を築いていく上で人によっては最短ルートかもしれませんね。

飛鳥未来高校はやばい?具体的な理由は不明

以上、飛鳥未来高校はやばいのかについてまとめていきましたが、

結局具体的な原因や理由を、SNSやインターネット上で見つけることが出来ませんでした

なぜそのような関連ワードが出てくるのかは不明ですが、とりあえずやばい情報がないかを検索している人が多いことが原因かもしれません。

自分の行く高校の雰囲気は気になるものですよね。

飛鳥未来高校は学校説明や見学も出来るようなので参加してみても良いでしょう。

あなたの学生生活が素敵な時間となりますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる