比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も

比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も
出典:https://www.amazon.co.jp/
  • URLをコピーしました!
コインチェック

なにわ男子の長尾謙杜(ながお・けんと)さんが主演の、アマプラで配信中の映画「HOMESTAY(ホームステイ)」が、注目を集めています。

この映画は、森絵都(もり・えと)さんの小説『カラフル』が原作で、今までアニメ化やタイ映画で実写化されています。

「HOMESTAY」は「カラフル」の実写版ですが、登場人物やストーリーが違う点が多々あるのです。

そこで、本記事では、映画と原作小説を比較し、違いをまとめました:

〇簡単なあらすじと共通点:
 カラフルとHOMESTAYは
 起承転結の起と結はほぼ同じ
〇原作と映画の登場人物の違い
〇原作と映画のあらすじ比較
〇映画HOMESTAYのあらすじ詳細

〇原作カラフルのあらすじ詳細
〇原作と映画でタイトルが違う理由は?
〇SNSでの反応

本記事は、ほぼネタバレなので、ご注意ください!

目次

簡単なあらすじと共通点

アマプラ映画の「HOMESTAY(ホームステイ)」と原作小説「カラフル」では、基本的な設定やあらすじは一緒ですが、登場人物、主人公との関係性や、ストーリー上の出来事が違ってきます。

なので、まず、映画でも原作でも共通の設定について、みていきましょう:

  • 主人公の小林真という少年が病院に運ばれるも、亡くなる

  • 同時期に亡くなった「シロ」(原作では「ぼく」)の魂が”選ばれ”、小林真の体に乗り移って(=ホームステイ)して、生き直すように「管理人」(原作では、天使のプラプラ)に言われる

  • 「管理人」から下記の説明を受ける

    ・「シロ」は前世で罪をおかしたので、小林真の体に入って修行をしなければならない

    ・修業とは下界の誰かの体を借りて過ごすことである

    ・これを「ホームステイ」という

    ・「シロ」は100日間で、小林真が亡くなった原因を突き止めなければならない

    ・原因が分からなければ、本当の意味で魂も体も亡くなる

    ・原因が分かれば、転生できる

     ※原作では、前世で自分が犯した罪の重大さを自覚した瞬間に、ホームステイが終了(原因が自〇だと、天使から知らされている)


  • 結論:
    小林真が亡くなったのは、自分で自分をあやめてしまったから。
    「シロ・ぼく」は、小林真の魂だった
    真は、家族や友人が自分を理解してくれないため、追い詰められたと勘違いしていたが、実際は違っていた。
    真自身も、周りの人を正しく理解できていなかったことが原因である

  • 自分の「罪」を理解した「シロ・ぼく」は、小林真として、この先も生きていくことを選ぶ

映画でも、原作でも、物語のスタートと終わりはほぼ同じですが、主人公の「シロ・ぼく」が自分の罪に気づくまでの展開が違ってきます。

まずは、登場人物と設定の違いからみていきましょう

登場人物と設定が違う

原作の「カラフル」と映画の「HOMESTAY」では、登場人物や設定、主人公との関係性が微妙に違います。

原作カラフルアマプラHOMESTAY
小林真
「ぼく」
中3
美術部
小林真
「シロ」
高2
美術部
(演:長尾謙杜)

天使のプラプラ


管理人
(演:濱田岳)
初恋相手
桑原ひろか
後輩

初恋相手
高坂美月
先輩
(演: 八木莉可子)

クラスメイト
佐野唱子

幼馴染
藤枝晶
(演: 山田杏奈)


リストラ経験あり


中国に単身赴任
(演: 佐々木蔵之介)


フラメンコ教室の
先生と不倫

カフェでバイト
バイト先の人と不倫
(演: 石田ひかり)






(演: 望月歩)

友達
早乙女

続いて、それぞれの登場人物の設定の詳細をみていきましょう

主人公:小林真

比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d33f47a27057159f883c6c78494382f6947ebdb4
  • 原作「カラフル」:
    「ぼく」
    半年後に高校受験を控える中学3年生
    美術部
    クラスになじめていない

  • アマプラ「HOMESTAY」:
    「シロ」
    (演:長尾謙杜・なにわ男子)
    来年大学受験を控える高校2年生
    美術部
    クラスになじめず、いじめられてる

小林真の魂の修行を見守るガイド

  • 原作「カラフル」:
    天使のプラプラ(担当ガイド)

  • アマプラ「HOMESTAY」:
    管理人
    (演:濱田岳)
    ☞ 神出鬼没
    ☞ 色々な姿であらわれる

小林真の初恋相手

比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d33f47a27057159f883c6c78494382f6947ebdb4
  • 原作「カラフル」:
    桑原ひろか
    ☞ 小林真の後輩
    ☞ 唯一、気さくに話しかけてくれる
    ☞ おじさんと法律的にアウトな交際をしている

  • アマプラ「HOMESTAY」
    高坂美月(美月先輩)
    ( 演:八木莉可子)
    ☞ 小林真の先輩
    ☞ レズビアンで同級生の女子に恋をしている
    ☞ 小林真が自分に恋心があるのに気づくも、真にひどいことを言い、傷つける
    ☞ レズビアンであることを隠していた美月先輩は、いじめられているが、自分の世界観がある真の強さにひかれている

  • 小林真の初恋の相手は、上記のように、小説と映画では設定からストーリ上の役割までかなり変わっています。

小林真の幼馴染

比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d33f47a27057159f883c6c78494382f6947ebdb4
  • 原作「カラフル」:
    佐野晶子

    ☞ クラスメイト・同じ美術部
    ☞ 小林真の違いに気づく
    ☞ 不良におそわれた真のお見舞いに自宅まで来た時に、ひどいことを言われる
    ☞ 「ぼく」が自分の罪に気づくきっかけとなる重要人物

  • アマプラ「HOMESTAY」:
    藤枝晶
    (演: 山田杏奈)

    ☞ 小林真の幼馴染
    ☞ 小林真に恋心があり、美月先輩に嫉妬している
    ☞ 花火大会の約束で、真の自宅を訪れた際、自暴自棄になった真からひどいことを言われる
    ☞ 最後、真が自分の「罪」に気づくきっかけとなる重要人物
    ☞ 最後は、2人が両想いな感じになる

HOMESTAYとカラフルのあらすじ比較

次に、「HOMESTAY」と「カラフル」あらすじを比較していきます。

(また、両方のあらすじ詳細は、後述しています)

「HOMESTAY」のあらすじをベースに、原作と違う箇所を💡で補足しました:

主人公の小林真という少年が、病院に運ばれるも亡くなった

同時期に亡くなった「シロ」の魂が”選ばれ”、小林真の体に乗り移って(=ホームステイ)して、生き直すように「管理人」に言われる

「管理人」から下記の説明を受ける

  • 「シロ」は前世で罪をおかしたので、小林真の体に入って修行をしなければならない
  • 修業とは下界の誰かの体を借りて過ごすことである
  • これを「ホームステイ」という
  • 「シロ」は100日間の間に、小林真が亡くなった原因を突き止めなければならない
  • お手付きは3回
  • 原因が分からなければ、本当の意味で魂も体も亡くなる
  • 原因が分かれば、転生できる

管理人は神出鬼没で、時にシロにヒントを出しながら、シロのホームステイを見守る。

小林真について、一切知らないシロは、母から、体調をこじらせて病院に運ばれたと聞かされる

「カラフル」では…

ホームステイ期間は1年間で、自分の前世のあやまちの大きさに気づいた時点で、ホームステイは終了・

天使のプラプラに、小林真は、自〇したことや、それまでの小林真の人生が最悪だったことを告げられる

シロは、料理上手の母、やさしい幼馴染、美人で自分に好意を寄せてると思われる美月先輩に囲まれ、最初は「最高の人生」だと思う

「カラフル」では…
母の不倫、初恋の桑原ひろかが、おじさんと愛人関係にあること、自分勝手な父、いじわるな兄について知っている

シロは、自分には絵の才能があることに気づき、美大を目指していることに気づく

物語がすすむにつれ、父が美大を拒否していたこと、母の不倫、美月先輩の裏切り、兄の無関心で自暴自棄になり、幼馴染の晶にひどいことをいう

「カラフル」では…
小林真は、中学3年生。美術系私立校の受験を父親から拒否される

シロは、小林真が亡くなったのは「周りが小林真を追い詰めた、誰も小林真をみていなかった」と思い、雨の中さまよう。

心配になった母は、真を探しにいく。見つけるものの、2人は交通事故にあい、母は意識不明の重症になる。

「カラフル」では…
小林真は、自暴自棄になった真は、街へ飛び出し、公園で野宿しようとするが、暴行にあってしまう。

そこへ、真を探しに来た満が現れ、真を助ける

真は5日間高熱で寝込む

シロは、改めて自分の気持ちと周囲との人間関係に想いを馳せる。

自分が父、母、兄ときちんと向き合って、自分の気持ちを打ち明けていなかったことや、幼馴染の晶の変わらぬ愛情とやさしさに気づいてなかったこと、美月先輩の本当の気持ちに気づき、少しづつ周囲との関係性がよい方向へ変化していく

「カラフル」では…
「ぼく」に早乙女君という友達ができ、絵を描いている以外の時も楽しさを感じるようになる

さらに、父と釣に行ったことで、家族の誤解が溶けていく

進路については、早乙女君と同じ公立高校に行くことにする

家族や周囲のひととの関係が好転しているなか、シロは、管理人に、「真の魂を返してほしい、真をみんなに還してほしい」と頼む

管理人は「シロ自身の前世の罪が分かれば、真の魂をかえす」と約束する

シロは、幼馴染の晶に「真は前と変わった気がするけど、絵は同じ」と言われ、最後の最後に、シロは亡くなった真自身であり、「シロの前世の罪は、自分(真)で自分をあやめてしまったこと」だと気づく

管理人は、約束通り、シロ(真)が小林真のまま、「これからも、しぶとく生きていくように」と伝える

映画「HOMESTAY」のあらすじ詳細

比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d33f47a27057159f883c6c78494382f6947ebdb4
  • 主人公の小林真という少年が、病院に運ばれるも亡くなった

  • 同時期に亡くなった「シロ」の魂が”選ばれ”、小林真の体に乗り移って(=ホームステイ)して、生き直すように「管理人」に言われる

  • 「管理人」から下記の説明を受ける

    ・「シロ」は前世で罪をおかしたので、小林真の体に入って修行をしなければならない
    ・修業とは下界の誰かの体を借りて過ごすことである
    ・これを「ホームステイ」という
    ・「シロ」は100日間の間に、小林真が亡くなった原因を突き止めなければならない
    ・お手付きは3回
    ・原因が分からなければ、本当の意味で魂も体も亡くなる
    ・原因が分かれば、転生できる

  • 物語は、100日後の文化祭を中心に展開していく

  • 管理人は神出鬼没で、時にシロにヒントを出しながら、シロのホームステイを見守る。

  • 小林真について、一切知らないシロは、母から、体調をこじらせて病院に運ばれたと聞かされる

  • シロは、料理上手の母、やさしい幼馴染、美人で自分に好意を寄せてると思われる美月先輩に囲まれ、最初は「最高の人生」だと思う

  • シロは、自分には絵の才能があることに気づき、美大を目指していることに気づく

  • シロは、美月先輩とデートの約束をし、小林真の貯金を使って、イメチェンする

  • 物語がすすむにつれ、父が美大を拒否していたこと、母の不倫、兄の無関心で自暴自棄になり、幼馴染の晶にひどいことをいう

  • 美月先輩が、影で「小林真なんて知らない、好意はない」と友人に話していたのを聞いてしまい、ショックを受ける
    ➡美月先輩は、レズビアンで、友人に恋をしていたため、真のことが好きと思われたくなくて、うそをついてしまっていた

  • シロは、小林真が亡くなったのは「周りが小林真を追い詰めた、誰も小林真をみていなかった」と思い、雨の中さまよう

  • 心配になった母は、真を探しにいく。見つけるものの、2人は交通事故にあい、母は意識不明の重症

  • シロは、改めて自分の気持ちと周囲との人間関係に想いを馳せる。

    自分が父、母、兄ときちんと向き合って、自分の気持ちを打ち明けていなかったことや、幼馴染の晶の変わらぬ愛情とやさしさに気づいてなかったこと、美月先輩の気持ちに気づき、少しづつ周囲との関係性がよい方向へ変化していく

  • タイムリミットがあと1日に迫る中、シロは、管理人に、「真の魂を返してほしい、真をみんなに還してほしい」と頼む

  • 管理人は「シロ自身の前世の罪が分かれば、真の魂をかえす」と約束する

  • シロは、幼馴染の晶に「真は前と変わった気がするけど、絵は同じ」と言われ、最後の最後に、シロは亡くなった真自身であり、「シロの前世の罪は、自分(真)で自分をあやめてしまったこと」だと気づく

  • 管理人は、約束通り、シロ(真)が小林真のまま、「これからも、しぶとく生きていくように」と伝える

原作「カラフル」のあらすじ詳細

比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も
出典:https://www.amazon.co.jp/
  • 主人公の小林真という少年が、病院に運ばれるも亡くなる

  • 同時期に亡くなった「ぼく」の魂が”抽選に当たった”、と天使のプラプラに言われる

  • プラプラから下記の説明を受ける

    ・「ぼく」は「前世の過ちを償う」ために下界で誰かの体に乗り移って過ごす「ホームステイの修行」を行う

    ・ホームステイ先は、小林真・中学3年生

    ・ホームステイ期間は1年間

    ・1年後には、本当に意味で真の魂も体も亡くなる

    ・「ぼく」が前世で犯した罪の大きさを自覚した瞬間にホームステイは終了

  • プラプラによると、小林真が自〇する1週間前の人生は最悪だった。
    例えば、
    ・初恋相手の桑原ひろかが、中年男性とホテルへ入るのを目撃し、さらに、母とフラメンコ教室の先生が同ホテルから出てくるのを目撃
    ・帰宅すると、父の会社の社長が悪徳商法で検挙されたというニュースが流れており
    ・兄の満は、真の背の低さをからかう等
    ・唯一気軽に話しかけてくれるのが、初恋の桑原ひろか

  • 退院後、「ぼく」は学校に戻ると、クラスメイトの佐野唱子だけが、真が以前と違うことに気づき、付きまとう

  • 「ぼく」は、小林真として快適に過ごすため、貯金を下ろし、28,000円のスニーカーを買う

  • 「ぼく」は、美術部で、ひたすら絵を描き続けていたため、中間テストの結果も悪く、志望校は希望がなく、入れるところならどこでもと思っていた(私立の単願)
    しかし、兄・満が医学部に行くため、公立を受けるよう父に言われる

  • 仮面家族や、桑原ひろかのことで、すっかりふさぎ込んでしまう。

  • 心配した母に「話して」と言われるも、「フラメンコの先生元気?」と言ってしまう。

  • そのまま家を飛び出した「ぼく」は、ネオン街で、桑原ひろかがおじさんと一緒にいるところを見つけ、ひろかをそのまま連れ出す

  • ひろかと話すも、彼女には罪悪感がなく、おじさんの元へ戻ってしまう

  • 雨が降るも、家に帰りたくない「ぼく」は公園で野宿しようとするが、複数の男に暴力をうけ、財布やスニーカーをぬすまれる

  • そこへ、心配して真を探しに来た満が来て、「ぼく」を病院へ連れていく

  • 「ぼく」は、風邪と高熱で5日間ねこむ

  • 見舞いにきた佐野唱子が、
    「桑原ひろかが好きなのか?」「真が変わったのは恋しているからか?」と聞く。
    「ぼく」は怒り、佐野晶子にひどいことをする

  • 夕方、母から手紙を渡される。その内容:
    ・真は幼いころから絵が得意だった。
    ・母として何かできることはないかと、自分も絵画や香道をはじめるも、続かない
    ・フラメンコ教室が初めて楽しいと思え、のめりこんだ
    ・もう、フラメンコの先生とは会っていない
    ・真の悩みに気づいてあげられなくて悔やんでいる

  • 真は、クラスメイトの早乙女くんと仲が良くなり、絵が描いている時間も少しづつ楽しく感じられるようになる

  • 12月 父に釣に誘われ、いやいやついていく

    ・父に母が元気がないことが心配と言われるも、「ぼく」は「仮面夫婦」と言ってしまう
    ・父は、以前失業経験があり、そんな状況でも前向きにパートや習い事をする母に助けられたと打ち明ける
    ・失業は理不尽だったものの、母がいたおかげで、焦らず再就職できた
    ・真が生き返った瞬間、「あの一瞬に未来を動かされた人間もいる」という
    ・真が生き返ったおかげで、兄・満が、医学部に行く決意をした。
    ・さらに、真が私立に行けるように、来年奨学金の試験を受けることにしたという

  • 父との釣をきっかけに、家族への誤解が溶けていく

  • 「ぼく」は、美術系の私立高校ではなく、早乙女くんがいく公立高校に進路を決め、家族へも正直な気持ちを打ち明けた

  • 「ぼく」は、プラプラに「真の魂を家族に還してほしい」と頼む

  • プラプラは、24時間以内に、「ぼく」が前世で犯した罪を思い出したら、真の魂を戻すと約束する

  • 美術室に行くと、佐野晶子がいた

  • 佐野晶子は、「真はいじめられても、自分だけの世界観があって強いと思っていた。変わったと思ったけど元の姿に戻ったって気づいた。根っこの部分は変わっていない。なぜなら描く絵が変わらないから」と言った

  • この言葉がきっかけで、瞳に映るすべたがあざやかになり、「ぼく」自身が真の魂だと気づく。そして、「ぼく」の罪は、自分で自分をあやめてしまったことだと気づく

  • プラプラが現れ、「ぼくは、自〇した小林真の魂だ」というと「たくさんの人があなたを待っている、あばよ、小林真。しぶとく生きろ」といい、消えていった

原作と映画でタイトルが違う理由は?

原作は「カラフル」ですが、アマプラ映画では、タイトルを「HOMESTAY」に変更したのが気になっている方も多いようです。

そのため、小説を知っていても、「HOMESTAY」の原作が「カラフル」だと後々気づく方も多いのが分かります。

タイトルが変化した理由は、次の3つが考えられます

  • 原作と映画では、登場人物の設定、小林真との関係性が違う

  • 原作と映画では、ストーリーの中盤の展開が違う

  • 映画は、タイ版の映画「HOMESTAY ボクと僕の100日間」にストーリーが似ている
    ☞タイムリミットが100日間
    ☞管理人は神出鬼没で、さまざまな姿で現れる
    ☞小林真が亡くなって理由については知らされていない等
比較|ホームステイ(アマプラ)とカラフル(原作小説)の違い!タイトルが違う理由も
HOMESTAY タイ版 出典:https://eiga.com/movie/90885/photo/

「HOMESTAY」は、内容的にはタイ映画の「HOMESTAY ボクと僕の100日間」に似ているため、あえて、原作の「カラフル」ではなく、別の作品として「HOMESTAY」とつけたのではないでしょうか

タイトルについては、色々意見があるようですね。

SNSでの反応

SNSでの反応をみると、つぎのようなコメントが多数でした:

  • 原作とちがいすぎる
  • 原作との違いがいい
  • 原作では分からない、色彩が表現されていていい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる