第5週|ちむどんどんネタバレ(5/9~)あらすじを台詞吹き出しで!賢秀がプロボクサーに

第5週|ちむどんどんネタバレ(5/9~)あらすじを吹き出し&画像で!暢子が上京
出典:https://twitter.com/asadora_nhk/status/1493419802194497536
  • URLをコピーしました!
コインチェック

2022年4月11日から放送開始の、台106作・NHK朝の連続テレビ小説「ちむどんどん」のあらすじ(ネタバレ)をまとめています!

【先週までのあらすじ】
暢子は高校生になり、料理部の助っ人として地域の料理大会に出場します。

そこで、自分が作った料理を家族やお客さんに食べてもらう喜びを感じ、東京へ行ってコックになる夢を持つようになりました。

一方、兄・賢秀のもうけ話が詐欺だと分かり、比嘉家に暗雲が…

本記事では、

〇ちんどんどん第5週の登場人物
〇第5週全体のあらすじ

 「フーチャンプルーの涙」
〇各話のあらすじを吹き出しで紹介
 (随時更新)
〇前週までのあらすじ

〇次週のあらすじ

についてまとめています!

前週】のあらすじはこちらから!

1話から最新話までのあらすじはこちらをご覧ください!

目次

ちむどんどん|第5週の登場人物の相関図

ネタバレ|ちむどんどん【第1週~最新話】あらすじ吹き出し&登場人物完全ガイド
https://www.nhk.or.jp/chimudondon/story/week_05.html

ちむどんどん|第5週全体のあらすじ「フーチャンプルーの涙」

ちむどんどん第5週の内容はこちらです

https://www.nhk.or.jp/chimudondon/story/week_05.html

暢子は、助っ人として参加したヤング大会で、上京して料理人になりたいという夢を見つけました。

しかし、兄・賢秀の投資話が詐欺だと分かり、賢秀はハンバーガーショップで大暴れ。

偶然、お店で音楽会を開いていた下地先生を巻き込んでしまいます。

比嘉家はさらなる経済難に陥ります。
さらに、下地先生は賢秀を告訴すると言い出しますが、歌子の歌声を聞かせてもらうことを条件に、告訴を取り下げます。

そんな中、賢秀は責任を感じ、家を出ていきます。

暢子も上京を諦め、地元で就職先を見つけました。

優子は、暢子がやっと夢を見つけたので、応援してあげたい気持ちでいっぱいです。
そこで、再度、賢吉に暢子の上京を提案し、家族会議が開かれます。

実は、優子と良子は、暢子の上京のためにそれぞれ300ドルを前借していたのです。

そんな中、賢秀から手紙が届き、中には1660ドル入っていました。
賢秀は東京でプロボクサーデビューしていたのです。


賢秀のお金で比嘉家の借金も返済でき、暢子の渡航費も賄えます。

一方、良子は自分が前借した300ドルを、いつか家族のために使うため、取って置くことにしました。

歌子も下地先生の転勤を聞き、最後に「あなたは何があっても、歌い続けなさい」と言葉をもらいます。

1972年、沖縄が本土に返還された年の春に、暢子は上京します。

第21話(5月2日)
賢秀が詐欺にあう
第22話(5月3日)

歌子の歌声と賢秀の家出
第23話(5月4日)

賢秀が家出し、暢子は上京をあきらめる
第24話(5月5日)

賢秀からの手紙
第25話(5月6日)

暢子が上京

それでは、各話の詳細なあらすじを吹き出しで見ていきましょう!

第21話|あらすじを吹き出しと画像で

暢子の夢

暢子は助っ人として参加した料理大会の会場で、「東京に行き、料理人になりたい」と発言し、やっと、自分がやりたいことを見つけました。

ヒロイン・暢子

東京に行って、料理人になる!

その日翌日、暢子は朝食で、様々な料理を作ります。

姉・良子

ニーニは?
今日は、ドルが倍になる日だけど、
話がうますぎない?

母・優子

お母ちゃんは、賢秀を信じている

賢秀は、優子にお金を借りるとき、

「自分の人生を変えたい、お父ちゃんが最後に家族を頼むと言っていた。一発当てたらみんなが幸せになれる」

と言ったそうで、優子はそれを信じることにしました。

________

優子は、共同売店で善一と話しています。

善一は、優子たちが借金返済の目途がついたことを聞いたと、優子に尋ねます。

共同売店・善一

為替?大丈夫か?
最近為替詐欺がはやってる

母・優子

詐欺???

賢秀の詐欺が確定

しかし、その頃、賢秀は、我那覇をハンバーガーショップで待っていますが、一向に現れません。

ハンバーガーショップには、下地先生と教え子がギターと音楽ライブをしていました。

そこへ、賢秀と同じく我那覇に騙されたという男がハンバーガーショップにやってきて、賢秀は自分が詐欺にあったことを知ります。

賢秀は、ハンバーショップで大暴れし、下地先生の音楽ライブをめちゃくちゃにし、巻き込んでしまいます。

____________

翌日、優子と暢子がハンバーガーショップに謝罪に行きます。

ヒロイン・暢子

これ、全部ニーニが??

優子たちは、ハンバーガーショップの店長に、お店の家具や食器の弁償、それに営業停止期間分のお金の支払いを要求されます。

そして、下地先生が、「音楽の冒涜をした」として、賢秀を告訴すると騒いでいます。

その後、優子たちは善一に相談に行きます。

共同売店・善一

お金は1セントも返ってこないとなると、暢子の東京行きも難しくなるね

下地先生が賢秀を告訴?

下地先生が、賢秀を告訴するという話は広がり、良子の教師人生にも影を落としています。

優子は、学校に行きましたが、下地先生に会えませんでした。

帰宅後、みんなで途方に暮れています。

すると、物置から物音がしました。

第5週|ちむどんどんネタバレ(5/9~)あらすじを吹き出し&画像で!暢子が上京
https://www.nhk.or.jp/chimudondon/story/week_05.html

賢秀が隠れていたのです。

ヒロイン・暢子

ニーニ?
いつからいたの?
お金はどうなったの?

賢秀は、責任を感じつつも、みんなの前では開き直ります。

兄・賢秀

悪いのは、我那覇だ!!

姉・良子

わたしは、ニーニが遊んでた時、ずっと先生になるために必死に勉強した。
おしゃれもがまんした。

教員試験に採用されたとき、お父ちゃんのお墓の前で1人で泣いた
「お父ちゃん約束守ったよ」って…

兄・賢秀

そこへ、下地先生が乱入してきました。

優子はとっさに、賢秀を布で隠します。

第22話|あらすじを吹き出しと画像で

歌子の歌が比嘉家を救う

賢秀を訴えたい下地先生は、警察と比嘉家に訪れます。

下地響子

ここって、歌子の家??

優子は、とっさに賢秀を布で隠します。

警察「下地さんが、賢秀に吹き飛ばされたとき、足を複雑打撲したそうで…」

母・優子

根はいい子なんです。
許してください。
お願いします

下地響子

音楽の罪は、音楽で償ってもらいます。
今ここで、あなた(歌子)が本気で歌ったら、今回のことは水に流します。

姉・良子

歌子、お願い…

人見知りの歌子は、深呼吸をし、歌います。

歌子の歌を聞いた下地は比嘉家を許すことにしました。

下地響子

今わかった。
私は、あなたの才能を花開かせるために、音楽教師になりました

妹・歌子

そして、下地は、隠れていた賢秀をたたき、「しっかりしなさい」と活を入れます。

暢子の東京行きが…

下地が帰ったあと、激怒した賢吉が比嘉家に来ました。

第5週|ちむどんどんネタバレ(5/9~)あらすじを吹き出し&画像で!暢子が上京
https://www.nhk.or.jp/chimudondon/story/week_05.html
叔父・賢吉

優子さん!
この間のお金はなぜ返ってこない??
暢子の給料も返済にまわせ!!!!

ヒロイン・暢子

わたしは、東京に言って料理人になる

叔父・賢吉

女のくせに何言ってる?
渡航費はどうする??
賢秀は働け!
おまえのせいでこの家がどうなっているか考えろ!

暢子は、東京行きが現実的に無理だと思い知らされます。

しかし、賢秀はのんきで開き直っています。

兄・賢秀

腹減った
俺が悪かったから、ご飯作って!
明日は明日の風がふく!!

暢子は、賢秀に激怒し、泣きます。

ヒロイン・暢子

ありえん!
ぽってかす!ぽってかす!ぽってかす!

翌日の朝方、賢秀は、暢子に話します。

兄・賢秀

本当にごめん。

ただ、俺はうれしかったわけよ。

今まで、ろくでなしと言われていたけど、初めて俺をほめてくれた大人を信じたかったんだ。
分かってくれるか?

暢子は、賢秀の気持ちを聞き、さらに涙を流します。

賢秀が家を出る

その朝、みんなが起きると、優子が深刻そうな顔で言います。

母・優子

賢秀、今度は本気で帰らないんだと思う。
だって、あれがない…!

妹・歌子

マグネット・オーロラ・スーパーバンド?

マグネット・オーロラ・スーパーバンドとは、賢秀が子供の時、父親に買ってもらったスーパーバンドです。

賢秀は「倍にして返す」というメモだけ残しています。

そのころ、賢秀は村を出るためにバスに乗り込みます。

第23話|あらすじを吹き出しと画像で

暢子は上京を諦める

年が明け、沖縄の本土復帰まで3か月になりました。

家を出た賢秀からは、手紙もありません。

暢子の卒業も近づいており、暢子は、卒業後に上京する夢をあきらめ、地元で就職先を決めました。

早苗も、東京の大学に合格しました。

ヒロイン・暢子

よかったね。おめでとう!

(本当は私も、東京に行くはずだった…)

暢子は、早苗の大学合格を喜びつつも、複雑な気持ちになりました。

姉・良子

暢子、最近ぼーっとしてない?
もうすぐ、社会人なんだよ?

ヒロイン・暢子

お母ちゃん、卒業した最後の春休みに東京に旅行に行きたい!

姉・良子

春休みは、バイト!!

ヒロイン・暢子

わたしは卒業したら、ずっとやんばるで働くんだよ、最後に楽しい思いでを作りたい。
家族の料理をずっと作ってきた私の身にもなって!

姉・良子

社会人は働くのが当たりまえ!
あんただけが家のことやってるんじゃない!

翌朝、暢子は、良子に「言い過ぎてごめん」と謝りました。

そして、歌子はまた熱を出しています。

妹・歌子

私、高校やめて働く。
そしてら、暢ねーね、東京に行ける?
私は何もできない

母・優子

そんなことない、
歌子は心配しないで

一方、学校では、早苗は自身の東京大学合格にはしゃぎすぎたことを反省していました。

早苗(善一の娘)

暢子ごめん。
昨日ははしゃぎすぎた。
暢子とはずっと友達でいたい

良子の決意

良子は、校長先生に、お給料の前借300ドルを受け取っていました。暢子の渡航資金に充てるためです。

姉・良子

最高の妹なんです。
いつもは、喧嘩ばかりですけど…

その日、良子は暢子にお金を渡す練習をしていました。良子は素直にお金をわたす自信がないのです。

その様子を、歌子がたまたまのぞいていて、涙を流します。

夕食時に、賢吉らが訪れていました

姉・良子

叔父さん、実は、私…

しかし、優子が話を遮ります

母・優子

叔父さん、やっぱり暢子を東京に行かせてください。
共同売店から300ドルを前借しました。
これが内の精一杯の誠意です。
内職も増やします。

叔父・賢吉

またその話か!!

ヒロイン・暢子

そんなに働いたら、お母ちゃん倒れちゃう。
わたし諦めたから

母・優子

あんたが諦めても、私はあきらめないよ!
1度きりの人生、やっと見つけたやりたいことをやらせてあげたい!

叔父さん、お願いします!

暢子がフーチャンプルーを作った夜、優子が暢子の上京を再び提案し、長い長い家族の夜が始まります。

第24話|あらすじを吹き出しと画像で

賢秀からの手紙

優子の提案を受け、暢子の東京行きをどうするか、家族会議が行われます。

ヒロイン・暢子

お母ちゃん、もういいから!
フーチャンプル食べよう、冷めちゃう

母・優子

食べてる場合じゃない!
叔父さん、この通りです、お願いします

ヒロイン・暢子

冷めちゃうよ…

暢子の目から涙が流れます。

叔父・賢吉

気持ちは、よくわかった。
でも、300ドルでは…
もうあと、300ドルあれば…

良子も、暢子の上京のためにお金を作って来ていて、言い出す機会を探っていました。

姉・良子

あと、300ドルあればいいんですか?
実はわたし…。

そこへ、比嘉家へ乱入してきた善一に遮られてしまいます。

共同売店・善一

大変だ!!
新聞見て!
賢秀がプロボクサーになった!!
手紙も届いた!

新聞には、賢秀がプロボクサーデビューした写真が掲載されていました。

手紙には、1660ドルとメッセージが入っていました。

「母ちゃん、これで、借金返して下さい。暢子、東京へ来い!」

姉・良子

ニーニ、本当に沖縄の星になったんだ!

叔父・賢吉

これだったら、銀行への借金含めてすべて返済できる!
東京の渡航費もおつりがでる!!

暢子と優子は、善一と共同売店に行き、東京の賢秀に電話しました。

ヒロイン・暢子

ニーニ、ありがとう!

兄・賢秀

手紙届いたか?
ずっと悪いと思ってた。
東京に来い!
俺もチャンピョンになる!

ヒロイン・暢子

うん!これでも誰も東京行き誰も反対しない!
東京でがんばる!

暢子と優子が、売店から帰ってくると、歌子と良子が話していました。

妹・歌子

わたし、見ちゃったの。
良子ネーネも、お金用意してたんでしょ?

姉・良子

結局、意味はなかったね
でも、みんなに言わないでね。

あのお金は、とって置いて、いつか家族のために使いたいの!
それが私のためになるの。

暢子は、良子の気持ちを知って、涙をこらえます。

母・優子

ただいま!

姉・良子

暢子、いつも料理ありがとう。
東京行く前に作り方教えてね。

ヒロイン・暢子

うん、
ありがとう…

下地からのレッスン

歌子は、いつものように誰もいない音楽室で1人歌っています。

すると、下地先生が入ってきました。

下地響子

歌子、私は、4月から石垣島の学校へ転勤するの

妹・歌子

・・・

下地響子

これからも色々言われます。
みんな好き勝手言います。

でも、あなたは感じるままに行きなさい!
あなたの人生です。
あなたはもう十分素晴らしい人間です。

1つだけ、わたしも勝手なことを言います。

あなたはこれからどうなっても、歌い続けなさい!

妹・歌子

はい!

暢子の上京まで、あと半年です。

第25話|あらすじを吹き出しと画像で

暢子が卒業

暢子は、かつての元気を取り戻し、正男と久々にかけっこ勝負をしています。

正男は、早苗に言いました。

新城正男

好きだったのによ。。。
暢子は暢子のまま、
俺は俺のままでいいって思えてきた

一方、歌子はまだ下地先生と音楽室にいます。

下地から「芭蕉布」を歌うよう言われ、下地は三線を演奏し始めました。

※三線はもともと男性が弾く楽器でした。

下地響子

これからは、音楽に男も女も関係ない!!

妹・歌子

♪(芭蕉布を歌う)

この日、暢子たちは卒業式を終えました。

月日は流れ、明日はとうとう暢子が上京する日です。

優子が、暢子に賢三の包丁を渡しました。

その包丁は、賢三がお世話になったひとからもらった宝物です。

その日の夜、暢子は家族に沖縄そばをふるまいました。

暢子が上京

そして、翌日、沖縄が本土に返還された1972年5月15日に暢子は上京しました。

ヒロイン・暢子

お母ちゃん、今までたくさんごめんね

そして、那覇へ行くバスが来ました

ヒロイン・暢子

うち、本当に1人でやっていけるかな?
寂しくて泣いたりしないかな

母・優子

帰りたくなったら、いつでも帰ってきていいよ、
暢子、18年間ありがとうね!

最後に家族みんなで、抱き合います。

第5週|ちむどんどんネタバレ(5/9~)あらすじを吹き出し&画像で!暢子が上京
https://www.nhk.or.jp/chimudondon/story/week_05.html
ヒロイン・暢子

じゃあね!

姉・良子

がんばって!

妹・歌子

言ってらっしゃい!

第5週|ちむどんどんネタバレ(5/9~)あらすじを吹き出し&画像で!暢子が上京
https://www.nhk.or.jp/chimudondon/story/week_05.html

智も自転車でバスを追いかけてきました。

砂川智

暢子!
俺も東京に行くから、待っとけよ!!

暢子の新しい人生が東京で始まります。

次週のあらすじ

次週のあらすじは、こちらからご覧ください:

また、相手役がわかる、恋愛相関図はこちらです!

前週までのあらすじ

前週までのあらすじはこちらでまとめています!

第1話から最新話までの全体のあらすじや相関図は、こちらをご覧ください!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる