コインチェック|手数料0でビットコインを売買する方法【画像スクショで解説】

  • URLをコピーしました!
コインチェック

暗号資産をはじめるからには、なるべく手数料を少なく売買したいですよね?

そこで本記事では、初心者向けにコインチェックで手数料0でビットコインを売買する方法を画像で丁寧に解説します!

※スマホ版&PC版、両方の手順を紹介しています

まだ、コインチェックの口座開設をしていない方は、下記記事で手順を確認して登録してくださいね!

コインチェック
目次

手数料0で購入するには取引所を利用する

取引所と販売所の違い

Coincheckでは、販売所or取引所で暗号通貨の売買ができますが、手数料が発生しない取引所を使うのがおすすめです。

販売所と取引所の違いは次の通りです:

販売所は、ユーザーがCoincheckと直接取引をするところ。
→コインチェックという「お店」で暗号通貨を購入するイメージ
→コインチェック側が売買の値段を決定する

取引所は、ユーザー同士が売買を行うところ。
→売りたいユーザーと買いたいユーザーが直接取引をする
→ユーザーの仲介をしている場所が、取引所

このように販売所は、コインチェックが売買価格を設定しているので手数料が発生します

販売所の購入手数料は、以下の通りです。

https://coincheck.com/ja/article/267

取引所と販売所のメリット・デメリット

取引所と販売所のメリットとデメリットを比較してみました:

売買方法販売所取引所
コインチェックが売買価格を設定するユーザー同士で直接売買する
取引の早さ
提示された価格で確実に売買が即成立する

ユーザー同士の価格がマッチしないと取引成立しない
→指値によっては成立しない可能性も
手数料×
高い

コインチェックでは0円

取引所は手数料が0というメリットがありますが、ユーザー同士のやり取りなので、双方の売りたい価格と買いたい価格がマッチしないと、売買は成立しないというのがデメリットと言えます。

売買の注文を入れてから、実際に成立するまで、タイムラグが発生する可能性が高いのです。

とはいえ、こちら側が相場からあまりにも低いor高い価格設定をしなければ、自然に成立します。

一方、コインチェックが価格設定をしている販売所では、手数料が発生します。

その代わり、今すぐに売買を成立させたい場合は、注文してすぐに取引が成立するので、確実性が高いのがメリットです。

両者の違いが分かったところで、実際にコインチェックの取引所で手数料0でビットコインを購入する方法を見ていきましょう!

手数料0でビットコインを買う手順【スマホ版】

コインチェックの取引所でビットコインを買うには、2つの手順があります:

  1. コインチェックに日本円を入金する
  2. 取引所でレートを設定して注文する
    →現在のレートで購入 or
    →指値で購入

日本円を入金する(銀行入金がおすすめ)

スマホでコインチェックのアプリにログインし、ホーム画面下にある「ウォレット」をタップします。

このような画面になるので、チャート下の「出入金」をタップします。

残高画面に切り替わるので、「入金」をタップします。

入金方法を選択します。

銀行入金の場合、送金先がGMOあおぞらネット銀行or住信SBIネット銀行になるので、いずれかの口座をお持ちの方は手数料0円で入金できます。

GMOか住信銀行のどちらかをタップすると、振込先情報が表示されるので、情報を確認しながら入金手続きを済ませてください。

ちなみに、銀行振込以外にコンビニ入金やクイック入金も利用できますが、下記の手数料が発生するので、銀行入金がおすすめです。

https://coincheck.com/ja/article/267

取引所でビット購入を購入する

コインチェックに日本円を入金したら、ビットコインを購入します。

まず、画面右下の「アカウント」をタップし、「FAQ/お問い合わせ」をタップ

「FAQ」画面の左上の3本線をタップすると、メニューバーが表示されるので「coincheck取引所」をタップします。

すると、このようなレート一覧が現れます。

ビットコインを購入は、現在のレートで購入するか、こちらで設定した任意のレート(指値)で購入することが可能です。

まずは、現在のレートで購入する方法から見ていきましょう

現在の価格で注文する方法

先ほどのレート一覧の中の緑文字の中から買いたい価格をタップします。

画面を下へスクロールすると、先ほどタップしたレートが、「現物取引」のレート欄に表示されます。

このレートで、「概算」欄に返金したい日本円額を記入して、「買い」→「注文する」を押せば注文できます。

指値で購入する

例えば、現在のレートは3,440,000ですが、今後さらに下がると予想した場合、任意で設定したレート=指値でも注文ができます。

その場合は、「レート」欄に、自分で任意のレートを入力すればOKです。

あとは、注文量、概算欄を入力し、「買い」→「注文する」で注文が完了します。

注文の成立を確認する方法

取引所での売買注文が成立したか確認するには、ページをさらにスクロールします。

すると、「未約定の注文」「約定履歴」という項目が現れるので、「約定履歴」をタップすると、過去に注文し、既に成立した取引情報が閲覧できます。

手数料0でビットコインを買う手順【PC版】

ブラウザで購入する場合でも、コインチェックの取引所でビットコインを買うには、2つの手順があります:

  1. コインチェックに日本円を入金する
  2. 取引所でレートを設定して注文する
    →現在のレートで購入 or
    →指値で購入

日本円を入金する

パソコンでコインチェックにログインし、左のメニューから、「ウォレット」→「日本円の入金」をクリックします。

銀行振込の場合、GMOあおぞらネット銀行か住信SBIネット銀行のどちらかへの入金になるので、振込先情報を確認し入金手続きを済ませてください。

ちなみに、銀行振込以外にコンビニ入金やクイック入金も利用できますが、下記の手数料が発生するので、銀行入金がおすすめです。

https://coincheck.com/ja/article/267

取引所でビット購入を購入する

入金が確認できたら、ホームボタンをクリックします。

下記の画面に移行し、「現物取引」「買い板・売り板」が表示されます。

現在の価格で購入する場合は、「買い板・売り板」のレートをクリックすると、「現物取引」のレート欄に反映されるので、注文量を指定して「買い」→「注文する」で注文が完了します。

指値で購入する場合は、「現物取引」のレート欄に任意の価格を入力して、注文量を指定してください。

現在の価格よりも少し低く設定するのがおすすめです。

注文の成立を確認する方法

注文の取引が完了したか確認するには、ページをさらにスクロールします。

スクロールすると、「未約定の注文」「約定の注文」の欄が現れるので、ここで確認できます。

おまけ|販売所でビットコインを購入する方法

手数料はかかりますが、販売所でビットコインを購入する方法を記載します。

スマホ版

アプリにログインし、ホーム画面から「BTC」を選択し、画面右下の「購入」をタップします。

画面上で、ビットコインの価格を確認し、注文量を設定→「日本円でビットコインを購入」をクリックすれば完了です!

PCブラウザ版

左のメニューから「販売所(購入)」をクリックします。

右の暗号通貨のリストからビットコインを選び、価格を確認して、数量を入力し、「購入する」を押せば購入が完了します。

コインチェックで売買できる仮想通貨の種類

2022年5月時点で、コインチェックで売買できる暗号通貨は次の17種類です

https://coincheck.com/ja/article/267
  1. ビットコイン(BTC)
  2. リップル(XRP)
  3. イーサリアム(ETH) 
  4. イーサリアムクラシック(ETC) 
  5. リスク(LSK)
  6. ネム(XEM) 
  7. ライトコイン(LTC)
  8. ビットコインキャッシュ(BCH)
  9. モナコイン(MONA)
  10. ステラルーメン(XLM)
  11. クアンタム(QTUM)
  12. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  13. アイオーエスティー(IOST)
  14. エンジンコイン(ENJ)
  15. オーエムジー(OMG)
  16. パレットトークン(PLT)
  17. サンド(SAND)
コインチェック

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる