NFTをエアドロで受け取る方法!受けとれない時は”Hidden”を見るべし

NFTをエアドロで受け取る方法!受けとれない時は"Hidden"を見るべし
  • URLをコピーしました!
コインチェック

NFTのGiveaway(無料配布)ではエアドロでNFTが配布されることが多いですが、それには事前準備が必要です!

本記事では、エアドロでNFTを受け取る手順を、スクショ画像でていねいにご紹介しています。

また、エアドロされたNFTは、NFTのマーケットプレイスOpenseaのフォルダーへ届くのですが、Twitterを見ていると、

「エアドロされたはずなのに、見当たらない!!!」

と混乱している方も多いようです。

なので、「ちゃんと受信されてない」と思ったときにチェックすべきことも併せてお伝えします。

また、GiveawayをきっかけにNFTの売買を始めたいという方は、暗号資産の口座開設が必須です。

ダウンロード数No.1のコインチェックの口座開設の手順は下記をご覧くださいね!

コインチェック

目次

そもそもNFTのエアドロとは?

エアドロ(エアドロップ)とは、リリース後の仮想通貨やトークン、NFTを無料で配布・受け取ることができるイベントのことです。

Twitterでは、Giveawayイベントなどと言われています。

なぜ無料配布のイベントが行われるのか?

それは、Giveawayを行うことで、特定のNFTコレクションを盛り上げるためのプロモーションになり、コレクションの認知度を上げることが期待できるからです。

RTやいいね、メルマガの登録など、記載の条件を満たすことで、だれでもエアドロイベントに参加できます。

それでは、さっそくNFTをエアドロで受け取る手順を確認していきましょう!

NFTをエアドロで受け取る3つの準備

NFTをエアドロで受け取るには、受けて側で下記の準備が必要となります:

  1. Metamaskをダウンロードする
  2. Openseaのアカウント登録
  3. ウォレットアドレスを送り手に伝える

順番に見ていきましょう。

Metamaskをダウンロードする

MetaMaskとは、キツネが目印のウォレット=デジタル財布のことです。

ウォレットがあることで、暗号通貨やNFTなどを誰かに送ったり、誰かから受け取ったりすることができます。

NFTのエアドロには、個々のMetaMask特有の”ウォレットアドレス”(通帳番号みたいなもの)が必要になるので、MetaMaskをダウンロードし、設定をしておきましょう。

まずは、下記のリンクから公式HPに飛び、ダウンロードしてください。

https://metamask.io/

※フィッシングサイトもあるので、グーグル検索ではなく、上記リンクから飛んでください。

ダウンロードしたら、下記記事の手順通りに登録を進めます。

5分で簡単に終わります。

上記記事にも記載していますが、MetaMaskの登録手順で、12英単語からなる”秘密鍵”が配布されるので、必ずオフラインで(紙とペンで)メモしておいてくださいね。

Openseaのアカウントを登録

次に、NFTの売買が行われるマーケットプレイス・Openseaのアカウントを作成します。

Openseaは、エアドロされたNFTが受信される場所になるので、必ずアカウントを準備しておきましょう。

まずは、Openseaの公式サイトを開きます。

https://opensea.io/

右上のプロフィールアイコンをクリックします。

プロフィールをクリックしたら、MetaMaskをクリックし、OpenseaとMetamaskを接続します。

MetaMaskが起動したら、パスワードを入力し、画面に従って署名をしてください。

ユーザーネームやメアドなど基本情報を入力し、「Save」すれば登録完了です!

ウォレットアドレスを送り手に伝える

MetaMaskとOpenseaのアカウントを取得したら、ウォレットアドレスを送り手に伝えます。

ウォレットアドレスとは、個々のウォレットを識別するためのアドレスのことです。

通帳番号のようなもので、送り手は、ウォレットアドレス宛にNFTをエアドロで送付します。

送り手のほうから、ウォレットアドレスを教えてほしいと連絡があると思うので、連絡が来たら伝えます。

ウォレットアドレスの確認方法ですが、まずMetaMaskにログインしてください。

画面の上のほうに、アルファベットや数字のランダムな羅列が記載されていますが、これがウォレットアドレスアドレスです

マウスのカーソルを合わせるとコピーできるので、アドレスをコピーして、送り手に伝えてください。

これで、エアドロでNFTを受け取る準備は完了です!

受け取ったエアドロを確認する方法

エアドロが完了したら、送り手からツイッターなどでお知らせが届きますので、受信できているか確認しましょう。

エアドロは、Opensea内に送付されているので、Openseaにログインします。

右上の丸いプロフィールマークから「Profile」をクリック。

自分のNFTコレクションのページに移行するので、「Collected」の中にNFTがエアドロされているかを確認します。

もし、「Collected」にエアドロされていなくても焦らないでください!

そういうときは、別のフォルダーにエアドロされている場合がほとんどです。

「エアドロされてない‼」と思ったらHiddenを確認

もし、「Collected」にNFTがエアドロされていなかったら、「More」のタブから「Hidden」をクリックします。

通常NFTは購入・エアドロされるとデフォルトで「Collected」に入れられますが、たまに「Hidden」に入ることがあります。

ちなみに、Hiddenとは、公開していないコレクションのことです。
HiddenにあるNFTは、他者が閲覧できないようになっています。

「Hidden」にエアドロされたNFTが見つかったら、「Collected」へ移動することができます。

NFTの下の「…」をクリックします。

「Unhide」をクリックします。

画面下に確認表示が出てくるので、「Unhide」をクリック。

これで、エアドロされたNFTは、「Collected」へ移動されます!

エアドロで無料でもらえるのはうれしいですが、「自分でも購入してみたい!」という方は、下記記事にNFTの購入手順をまとめているので、ぜひ参考にしてください!

また、「どのNFTを買っていいか分からない」という方には、安定性が高い日本初のNFT・CNP(CryptoNinja Partners)がおすすめです!

ガチホで得点が多数あります!詳細は下記をご覧ください!

コインチェック

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる