Openseaでオファーを受けた!承認・キャンセル(却下)・逆交渉する方法&注意点

Openseaでオファーを受けた!承認・キャンセル(却下)・逆交渉する方法&注意点
  • URLをコピーしました!
コインチェック

NFTを保有していると、他者からこのように「NFTをこの価格で購入したい!」というオファーが届くことがあります。

「オファー価格が低い!」→逆交渉したい
「NFTを売るつもりはない!」→却下したい
「ぜひ売りたい!」→承認したい
「オファーが多くて困る」→最低価格を設定したい

でも「操作方法が英語で分からない!!」と迷っている方向けに、本記事では、

オファーの承認・却下・逆交渉のやり方
オファーを受ける際の注意点
 →ガス代は出品者が負担
 →通貨を確認
オファー最低価格の設定方法

をスクショ多めで、分かりやすく解説しています!

それでは、さっそく見てきましょう!

目次

opensea経由でオファーが来た!

openseaで、誰かがあなたのNFTの購入オファーを出すと、このようなメールが届きます。

まずは、「VIEW ITEM」をクリックして、オファーの内容を確認しましょう。

オファー価格の確認方法

メール内の「VIEW ITEM」をクリックするとOpenseaのサイトへ飛ぶので、ウォレットを接続します。

すると、画面右下の「Offers」の欄に、NFTの購入希望価格が提示されます。

  • 「Price」がオファー価格
  • 「Floor Difference」が、フロア価格とオファー価格との差異
    23%Belowと記載されているので、フロア価格よりも23%安い値段のオファーが来ていることが分かります。
  • 「Expiration」はオファーの承認・逆交渉の期限です。

Priceの通貨がWETHになっていますが、Openseaではオファーやオークションの際にはETHではなくWETHが利用されます。

ETH⇔WETHの換金は、オファーの購入・承認をする手続きの途中で、Opensea内で自動換金されるので、慌てる必要はありません。

※後述しますが、ETHとWETHの価値は同じです。

次に、承認・逆交渉・オファーの却下の操作方法を見ていきましょう

オファーの承認をする手順

提示された価格でNFTを販売したい場合は、一番右の「Accept」ボタンを押せば交渉成立します。

オファーを却下する方法

「このNFTを売る気はない!!」といういう場合は、オファーを断ることができます。

画面を見ると、「却下」ボタンがないので、「え!!」と思いますが、「Expiration=オファー期限」まで何もせず、無視し続ければOKです。

オファー期限までに承認や逆交渉をしなければ、交渉不成立となるので、実質オファーを却下・断ったことになります。

「オファー価格が低い!」逆交渉する方法

次に、「NFTを売りたいけど、オファー価格では安すぎて売りたくない」という方は、オファー主に対して価格交渉ができます。

まず、画面上の「Counter」ボタンをクリックします。

画面が切り替わるので、①希望価格と②逆交渉の期限を設定し、「Complete listing」をクリックすれば逆交渉ができます。

※逆交渉には、サービス手数料がかかります。手数料は「Fees」の欄に記載されています。

オファーを受ける際の注意点

オファーを受ける際の注意点は主に2つです:

  1. ガス代は出品者負担になる
  2. 通貨に気を付ける

それぞれ詳細を見ていきましょう

注意!ガス代は出品者が負担

1つ面の注意点は、オファーが成立した場合、NFTを相手方へトランスファーするガス代は出品者の負担になるということです。

なので、承認するときは、ガス代を上乗せした値段で売るようにしましょう

通貨を確認する

Openseaでは、オファー売買の場合ETHではなくWETH(ラップドイーサリアム)が利用されます。

なぜなら、WETHはETHよりも処理速度が速いので、ガス代が安くなるからです。

WETHは、ERC-20という規格に対応しており、価値はETHと同じです。

また、ETH⇔WETHの変換はオファーをする・オファーを受け入れる時にOpensea内で自動で両替機能が起動して変換できるので、こちら側で作業をする心配はありません。

WETH・ETHの場合は、こちら側での作業がありませんが、Polygonネットワークを利用しているNFTのオファーをする場合は注意が必要です。

PolygonETHの場合は、出品者はガス代をMaticという通貨で支払う必要があります。

Maticは、WETHのようにOpenseaで自動交換されないので、自分で調達をする必要があります。

※2022年6月現在日本の取引所ではMaticを扱ってないので、Binanceなど海外の取引所で交換する必要があります。

さらに、オファーを承認した場合、受け入れ通貨はPolygonETHになり、PolygonETHも日本の取引所では取り扱いがありません。

そのため、PolygonETHをETHへ変換→ETHを日本の取引所へ送金→日本円へ変換する必要があり、手順が多くなります。

オファーの最低価格を設定する方法

保有しているNFTによっては、オファーが毎日のように届きます。

すべて確認するのが面倒な場合は、こちら側であらかじめオファーの最低価格を設定することも可能です。

まず、プロフィールのアイコンから「Setting」をクリックします。

Openseaでオファーを受けた!承認・キャンセル(却下)・逆交渉する方法&注意点

左のメニューバーから「Offers」をクリックすると、保有しているNFTのリストが提示されます。

一番右側にある「Minimun offer」という欄に最低オファー価格を記入することで、価格が低すぎるオファーを未然に防ぎ事ができます。

Openseaでオファーを受けた!承認・キャンセル(却下)・逆交渉する方法&注意点

自分が集めたNFTを手放したくないとい方はぜひ設定してみてくださいね!

また、購入したNFTをツイッターアイコンに設定して楽しみたいという方は、下記記事を参考にしてください!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる